城旅へようこそ

「深大寺そば」の地に貴重な城! 東京?深大寺城

日本の城を知り盡くした城郭ライター萩原さちこさんが、各地の城をめぐり、見どころや最新情報、ときにはグルメ情報もお伝えする連載「城旅へようこそ」。今回は東京都調布市の深大寺(じんだいじ)城です。「深大寺そば」で有名な地に、意外にも貴重なお城があったのです。
(トップ寫真は深大寺城の主郭)

將軍家光が稱賛とも伝わる、深大寺そば

江戸幕府の3代將軍?徳川家光が稱賛したとも伝わる、深大寺そば。江戸時代中期に出版された地誌「続江戸砂子」には、江戸の名産として記載されている。古剎(こさつ)?深大寺の門前には現在、20ほどのそば店が軒を連ね、深大寺を訪れるレジャー客が立ち寄る名所となっている。

「深大寺そば」の地に貴重な城! 東京?深大寺城

深大寺。門前にはそば店が並ぶ

深大寺の門前がそば処となった理由のひとつは、湧水(ゆうすい)にある。この地域は、武蔵野臺地の南縁が開析されてできた舌狀臺地の突端付近にある。臺地の東側は、支谷內からの湧水で濕地になっていた。深大寺の南側にある神代(じんだい)植物公園の水生植物園も、その名殘だ。

「深大寺そば」の地に貴重な城! 東京?深大寺城

深大寺の門前

こうした立地を生かしながら築かれたのが、深大寺城だ。城の主要部は水生植物園內にあり、臺地の東端を利用して築かれている。深大寺の境內は高低差があり、周囲もかなりアップダウンが多い。臺地の南縁辺は急斜面になって、直下には野川が東流していた。

「深大寺そば」の地に貴重な城! 東京?深大寺城

深大寺城のある、神代植物公園水生植物園

扇谷上杉氏が築いた秀逸な城

深大寺城は、東京都內で中世の姿を殘す貴重な城だ。東京都や埼玉県などに殘る発達した城は、北條氏が関東一円に勢力を拡大した後に改修した姿がほとんどだ。深大寺城は、北條氏が進出する以前の、扇谷(おうぎがやつ)上杉氏が築いた城であることが文獻でも考古學的調査でも判明しており、扇谷上杉氏が秀逸な城を築いていた事例として価値がある。

築城時期は定かではないが、1490年頃には扇谷上杉氏の城として存在していたらしい。江戸時代に編纂(へんさん)された「河越記」や「北條五代記」には、1537(天文6)年に河越(川越)城主の上杉朝定が北條氏綱に対抗するために深大寺城を再興したと記され、氏綱の子である北條為昌の書狀にも、「川越衆(扇谷上杉氏の軍勢)が神太寺(深大寺)に押し寄せた」という記述がある。深大寺城は扇谷上杉氏の城として機能し、廃城となった後、北條氏に備えて改修し再利用したらしい。発掘調査からは13?16世紀の遺物が出土し、軍記物の記述の年代と一致する。

「深大寺そば」の地に貴重な城! 東京?深大寺城

深大寺城、3郭の一部

深大寺城は、河越から鎌倉街道を南下してきたとき、多摩川を渡る直前にある。多摩川を渡れば、1530(享祿3)年に上杉朝興(ともおき)が北條氏康と戦った、小沢原の古戦場推定地がある。扇谷上杉氏にとって、戦略的に重要な場所であったことは間違いなさそうだ。勢力の境目を押さえる城として、重視されたのだろう。1524(大永4)年に氏綱に奪われた江戸城を奪還するためにも、拠點となる城だった。

虎口付近に敵を食い止める工夫

現在は中心部が殘るだけだが、調査からおおよその構造が判明している。西から東にのびる臺地の上に、堀切で區切られた三つの曲輪(くるわ)が並んでいた。東端が主郭(第1郭)で、その西側に2郭、その西側に3郭が並ぶ。殘念ながら3郭と2郭の大半は破壊されてしまったが、主郭は殘っていて、取り巻く土塁などを見ることができる。

主郭はすべて土塁で囲まれ、東から南側にかけては1段下に腰郭(こしぐるわ)がめぐる。虎口(こぐち)は南側と北側にあり、南側の虎口が腰曲輪に通じている。北側の虎口は、土橋を経て2郭に通じる。

「深大寺そば」の地に貴重な城! 東京?深大寺城

主郭西側の橫堀

北側の虎口付近には、2郭からの敵を食い止めるさまざまな工夫が感じられる。とくに印象的なのが、主郭の北西隅部に設けられた張り出しだ。主郭を囲む土塁の隅が大きく2郭側に張り出し、それに伴って曲輪間の堀切も屈曲している。おそらく張り出しは櫓(やぐら)臺で、2郭から主郭に迫る敵、さらには虎口の前に設けられた土橋を渡る敵に攻撃できるように設計されているのだろう。調査では數基の柱穴が検出され、建物の存在が想定できるという。2郭側にも土塁があり、2郭と主郭は明確に分斷されていたようだ。

発掘調査によれば、主郭を取り巻く橫堀は、掘削上面で幅約7メートル、深さ約4メートルの薬研堀(やげんぼり)だ。土塁上面との高低差は8メートルに及ぶという。2郭西面にある堀は底面が平たい箱堀で、上面の幅が約9メートル、深さは約3.5メートルだった。

「深大寺そば」の地に貴重な城! 東京?深大寺城

主郭西側の土塁

3郭では、堀の一部が検出されている。西面の堀が南縁付近で大きく折れ曲がるようすが南西付近で斷続的に見つかっていて、その一部を見ることができる。

現地を訪れると、この堀の南側は崖のようにガクンと下がっており、臺地の端をうまく利用して深大寺城を築いたことがわかる。そして、その向こうには多摩川を挾み、北條方の城がある多摩丘陵がかすかに見える。多摩川の現河道(かどう)までは約3キロあり、距離としてはかなり離れてはいるものの、遮るものがなく視界が開けていることに驚く。選地の妙、地形を巧みに生かした設計の妙が味わえる。

臺地を利用した斷崖絶壁、曲輪を囲む土塁、敵を迎撃する虎口など、戦國時代の城の工夫やしかけが意外にも殘る城だ。湧水の音が心地よく緑豊かな深大寺參詣と門前町散策のついでに、訪れてみてはいかがだろうか。

「深大寺そば」の地に貴重な城! 東京?深大寺城

3郭に殘る堀の一部

(この項おわり。次回は4月26日に掲載予定です)

#交通?問い合わせ?參考サイト

■神代植物公園
https://www.tokyo-park.or.jp/jindai/
(※新型コロナウイルス感染癥の拡大防止のため臨時休園中)

■深大寺城
https://www.city.chofu.tokyo.jp/www/contents/1574056404922/index_k.html(調布市)

PROFILE

萩原さちこ

小學2年生のとき城に魅了される。執筆業を中心に、メディア?イベント出演、講演、講座などをこなす。著書に『わくわく城めぐり』(山と渓谷社)、『戦國大名の城を読む』(SB新書)、『日本100名城めぐりの旅』(學研プラス)、『お城へ行こう!』(巖波ジュニア新書)、『図説?戦う城の科學』(サイエンス?アイ新書)など。webや雑誌の連載多數。

関東屈指の巨大な山城、名城といわれる理由は? 八王子城(2)

一覧へ戻る

RECOMMENDおすすめの記事

a片无限看- 无限在线观看免费