大阪府、國に看護師派遣を要請 重癥センター全床運用へ

新型コロナウイルス

[PR]

 滋賀県は19日、新型コロナウイルスの感染が急拡大し、病床が逼迫(ひっぱく)している大阪府の重癥患者を受け入れると発表した。県境を越えて重癥患者を受け入れるのは珍しいという。府は、國などに看護師の派遣を要請しており、吉村洋文知事は來週にも「大阪コロナ重癥センター」(大阪市)の全30床を運用できるとの見通しを示した。

 滋賀県三日月大造知事は19日に記者會見し、大阪府の要請を受け、重癥患者を県內の1病院で引き受ける考えを明らかにした。最低1人で、人數や日程は今後両府県で調整する。看護師2人も府に派遣する。県內の重癥病床の使用率は同日現在6?1%で、近隣府県より低い。三日月知事は「滋賀も厳しいが、困った時はお互い様」と述べた。

 大阪府では、19日の重癥者數が302人となり、確保できている254の病床數を上回る狀況が続く。

 大阪府の吉村知事は19日、記者団の取材に「國から、かなりの數の看護師の派遣の話がきている」と説明。府によると、國を通じて今週にも數十人規模の看護師を受け入れるという。これまで看護師が足りず、30床のうち21床しか運用できていなかった大阪コロナ重癥センターで全30病床を運用できるようになるという。

 また、軽癥?中等癥病床も使用率が8割近いことから、府は感染癥法に基づく病床確保を醫療機関に要請。現在確保する1781床から、新たに約1100床増やしたい考えだ。

 山梨大付屬病院も文部科學省から要請を受けて、大阪府に看護師1人を派遣することになった。派遣される集中治療部の山本雅弘さん(33)は、看護師歴11年で熊本地震などの災害派遣も経験している。19日に同病院であった壯行會で、山本さんは「怖さはあるが、一人でも多くの重癥患者さんをみて、疲労困憊(こんぱい)している醫療従事者の力になりたい」と語った。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染狀況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]