(取材考記)犬貓の飼育、國の業者規制「骨抜き」の恐れ 過酷な繁殖防止、基準もっと明確に 太田匡彥

會員記事

[PR]

 春から初夏にかけての今の時期、野良貓が産んだ子貓を見かけるようになる。貓は季節繁殖動物で、日照時間が長くなると発情する動物だからだ。

 一部のペットショップチェーンでは、貓のこの習性を利用し、仕入れ先の繁殖業者に1日12時間以上照明をあてることを推奨する。「蛍光燈をあて続ければ年に3回は出産させら…

この記事は會員記事會員記事です。無料會員になると月5本までお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら